コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

通日雇 とおしひやとい

世界大百科事典 第2版の解説

とおしひやとい【通日雇】

近世の日雇の一種で,宿継人足に対して,宿を通す交通労働者。通日用(とおしひよう)ともいい,飛脚を意味する上下(じようげ)がこれに当たる場合もある。荷物の運搬,客の付添い・案内などに従事し,大名の参勤交代日光社参,個人の社寺参詣,湯治にも従事した。大量の荷物の輸送には宰領が通日雇の人足を統制した。人足には道中の雲助とか,農村の百姓とかがなっている。彼らを指図する宰領は,荷主と道中各宿場に対して一種の顔役である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

通日雇の関連キーワード日用座

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android