コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

通韻 ツウイン

デジタル大辞泉の解説

つう‐いん〔‐ヰン〕【通韻】

江戸時代の学説で、五十音図のうち、同じ段の音が相通じることをいう。「けむり」を「けぶり」、「かなしむ」を「かなしぶ」、「きみ(黍)」を「きび」というなど。→通音(つうおん)
漢詩で、近接する音調をもつ異種韻字を通用して韻を踏むこと。特に、古詩の場合に多い。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

つういん【通韻】

江戸時代以前の国語学の術語で、五十音図の同じ段の音が相通ずること。「けむり―けぶり(煙)」の類。同韻相通。 → 通音つうおん
漢詩で、類似する二つ以上の韻が相通じて用いられること。「東」「冬」「江」が互いに相通ずる類。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

通韻の関連キーワード江戸時代五十音図同韻相通けむり国語学学説通音術語

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android