連続体(物理)(読み)れんぞくたい

百科事典マイペディア 「連続体(物理)」の意味・わかりやすい解説

連続体(物理)【れんぞくたい】

物質を巨視的に扱う場合,その粒子的構造を平均化すれば,空間を連続的にみたす媒質からできていると考えることができる。物質のこのようなモデル連続体といい,剛体流体導体などは,それぞれ属性をもった連続体の具体例である。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android