コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

連続体問題 れんぞくたいもんだい continuum problem

2件 の用語解説(連続体問題の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

れんぞくたいもんだい【連続体問題 continuum problem】

実数全体の濃度をcまたはאで表し,連続の濃度もしくは連続体の濃度という。G.カントルは,対角線論法によって連続体の濃度は可算の濃度(自然数全体の濃度)aより真に大きいことを示した。さらに彼はa<b<cであるような濃度bをもつ集合は存在しないと予想し証明を試みたが成功しなかった。可算の濃度の次は連続体の濃度であるという仮説を連続体仮説という。カントル以降カントルの素朴な集合論を公理を使って再構成する公理的集合論が展開され,連続体仮説の正否をめぐって研究が続けられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

連続体問題
れんぞくたいもんだい

実数の集合の濃度に関する問題である。実数全体のつくる集合の濃度をはヘブライ文字で、アレフと読む)で表し、連続の濃度あるいは連続体の濃度という。自然数の集合全体のつくる集合、自然数から自然数への関数全体のつくる集合、一つの線分上の点全体のつくる集合、一つの平面上の点全体のつくる集合、空間の点全体のつくる集合などは、すべて連続体の濃度をもつ。無限濃度は無限個あるが、選択公理のもとでは、これらに大小の順序をつけて、0,1,2,……のように並べることができる。最小の無限濃度は0で、これは自然数全体、あるいは有理数全体のつくる集合の濃度で、可算濃度といわれる。G・カントルは対角線論法を用いて、連続体の濃度が可算濃度よりも大きいことを示した(1874)。「連続体の濃度は何番目の濃度であるか」あるいは「可算濃度0と連続体の濃度との間の濃度をもつ集合が存在するか」という問題が連続体問題である。「=1で、0の間の濃度は存在しない」というのが連続体仮説である。カントルはまた、「集合Aの部分集合全体のつくる集合(Aのべき集合)の濃度はAの濃度より大きい」ことを証明した。このとき、「無限集合AとAのべき集合の濃度の間の濃度をもつ集合が存在するか」という問題を一般連続体問題という。「無限集合AとAのべき集合の濃度の間には濃度が存在しない」というのが一般連続体仮説である。これは、カントル自身をはじめ、多くの数学者が取り組んだ有名な問題で、点集合論とも関連して、集合論の中心的課題の一つであった。ゲーデルは、集合論の公理系と一般連続体仮説とは矛盾しないことを示した(1938)。さらにP・J・コーエンは、一般連続体仮説および連続体仮説のそれぞれの否定が、集合論の公理系と矛盾しないことを示した。この結果、連続体仮説、一般連続体仮説は、ともにその肯定も否定も、集合論の他の公理系からは証明できず、これらの公理系から独立であることがわかる。[西村敏男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の連続体問題の言及

【集合論】より

…無限回操作を含むから,選択公理を認めるのは危険であるという考えもあるが,〈他の公理全体の系が矛盾を含まないなら,選択公理を加えた系も矛盾は含まない〉ことが証明されているから,選択公理は認めてもよいと考えられている。
[連続体問題]
 可算無限の濃度と連続体の濃度(実数全体の集合の濃度)との間に他の濃度は存在するか,というのが連続体問題である。もっと一般に,μが無限の濃度のとき,2μとμとの間に他の濃度があるかというのが一般連続体問題である。…

※「連続体問題」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

連続体問題の関連キーワード集合全体集合反応速度モル濃度連続の方程式アレフ塩分計希釈法濃度勾配クリアランス比の公式

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone