コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

連続幼女誘拐殺人事件 れんぞくようじょゆうかいさつじんじけん

知恵蔵の解説

連続幼女誘拐殺人事件

埼玉と東京で1988年から89年にかけて、4〜7歳の幼女4人が相次いで誘拐され殺害された事件。89年8月に印刷業手伝いの宮崎勤被告(逮捕当時26)が逮捕された。殺害前後の幼女の裸体を映像におさめたり、被害者の歯や骨を遺族に送り届けたりした異常な行動が関心を集め、犯罪を生んだ社会・文化状況が様々に語られた。刑事責任能力をめぐって3種類の精神鑑定が出されたが、東京地裁、同高裁とも、完全責任能力を認め、死刑を言い渡した。弁護人判決を不服として最高裁に上告した。最高裁第三小法廷は06年1月17日、「性的欲求を満たすために4人の女児を殺害したもので、非道な動機に酌量の余地はない」として上告を棄却する判決を言い渡した。弁護人は判決の訂正を申し立てたが、同小法廷は2月1日付で「判決の内容に誤りがあることを発見しない」として申し立てを棄却する決定をし、死刑が確定した。

(緒方健二 朝日新聞記者 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

連続幼女誘拐殺人事件

88~89年、東京や埼玉で女児4人が相次いで誘拐、殺害された事件。捜査が進展しない中、被害女児宅に「鑑定」などと書かれた段ボール箱が届いた数日後、マスコミには「今田勇子」の名で告白文と題する犯行声明が届いた。89年7月23日、宮崎勤死刑囚が強制わいせつの疑いで現行犯逮捕された。

(2008-06-17 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

連続幼女誘拐殺人事件の関連キーワード[各個指定]工芸技術部門キェシロフスキ高良留美子植物ホルモン竹下登内閣中川李枝子板場真二本州四国連絡橋井上光晴ソ連崩壊と東欧の歴史的変革

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

連続幼女誘拐殺人事件の関連情報