酌量(読み)シャクリョウ

デジタル大辞泉の解説

しゃく‐りょう〔‐リヤウ〕【酌量】

[名](スル)事情をくみ取って、処置・処罰などに手ごころを加えること。斟酌(しんしゃく)。「情状を酌量する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

しゃく‐りょう ‥リャウ【酌量】

〘名〙 酒または米などの量をはかること。転じて、決定、処分などにあたって事情をよく考慮すること。斟酌。
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉一〇「善くこれを酌量(〈注〉シンシャク)審裁し、当然の道に合(かな)ふものを成人〈略〉と称すべし」 〔白居易‐譲絹状〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報