コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遅鈍 チドン

デジタル大辞泉の解説

ち‐どん【遅鈍】

[名・形動]行動などがのろくて鈍いこと。また、そのさま。
「―なる生活も」〈独歩・河霧〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちどん【遅鈍】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
動作がおそく、頭の働きもにぶいこと。のろまであること。また、そのさま。 「決断力の上に-なる影響を与へるのが原則だ/琴のそら音 漱石
[派生] -さ ( 名 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

遅鈍の関連キーワード値・地・恥・智・池・治・痴・癡・知・稚・緻・置・致・遅・遲・馳心の病気とからだの病気ヒスチジン血症ポラカントス流行性髄膜炎憫笑・愍笑事業部制二黒土星剣竜類使

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android