コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドン

デジタル大辞泉の解説

どん【鈍】

[名・形動]
にぶいこと。頭の回転が遅く、動作がのろいこと。また、そのさま。「なんてな奴だ」
愚かであること。ばかげていること。また、そのさま。
「―な事ぢゃぞ、…妹めが居らぬ」〈伎・幼稚子敵討〉

どん【鈍】[漢字項目]

常用漢字] [音]ドン(呉) [訓]にぶい にぶる のろい
刃物の切れ味が悪い。「鈍器鈍刀
感覚や動作がにぶい。「鈍感鈍根鈍重鈍痛愚鈍遅鈍
にぶくなる。にぶる。「鈍麻鈍磨
進行が遅い。「鈍行
角度がゆるい。「鈍角
[難読]鈍色(にびいろ)鈍間(のろま)

なま‐くら【鈍】

[名・形動]
刃物の切れ味が鈍いこと。また、そのさまや、その刃物。「な包丁」
力が弱いこと。意気地がないこと。また、そのさまや、その人。「なからだ」「そんななことでどうする」
腕前が未熟であること。また、そのさまや、その人。「

にび【鈍】

鈍色」の略。「」「薄

のろ【鈍】

[名・形動]《形容詞「のろい」の語幹から》のろいこと。にぶいこと。また、そのさまや、そのような人。のろま。
「目にあまる―な事をやってますぜ」〈白鳥泥人形

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

どん【鈍】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
頭の働きや動作などがのろいこと。切れ味のにぶいこと。また、そのさま。 ↔ びんえい 「 -な奴」 「身のこなしが-になる」
ばかげていること。つまらぬこと。また、そのさま。 「大事の娘が病気-な評定する隙がない/浄瑠璃・油地獄

にび【鈍】

「鈍色にびいろ」の略。

のろ【鈍】

( 名 ・形動 )
動作や頭のはたらきなどがおそい・こと(さま)。そのような人。 「此女房に使はれるは中々-では及付かぬ/いさなとり 露伴

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

鈍の関連キーワードアニーリング中井吐虹斎小松無極子玉川〈町〉隔夜道心其の連れじれじれ見目好し陶山訥庵勝元源吾運鈍根いとど大師会油地獄生女子鈍付く湯浴び鈍ら物鈍太郎祭和樽

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鈍の関連情報