コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鈍重 ドンジュウ

デジタル大辞泉の解説

どん‐じゅう〔‐ヂュウ〕【鈍重】

[名・形動]動作や物事に対する反応がにぶくてのろいこと。また、そのさま。「鈍重な足運び」
[派生]どんじゅうさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

どんじゅう【鈍重】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
動作や性質が、にぶくのろい・こと(さま)。 「 -な動き」 「次で後腰部に-な疼みがむく〱と頭を擡げるのを覚えた/或る女 武郎
[派生] -さ ( 名 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

鈍重の関連キーワード五重塔(幸田露伴の小説)暗がりから牛を引き出す呑・吞・曇・貪・鈍ウェストファーレンル・フォーコニエ嵐吉三郎(初代)アオジタトカゲルイ(16世)カタシロワシぐるりぐるりシャイアー種大根役者カノン砲ねそねそ新羅三彩単葉機ヤマネ盤竜類飛行船筆跡学

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鈍重の関連情報