コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大伯皇女 おおくのこうじょ

7件 の用語解説(大伯皇女の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大伯皇女
おおくのこうじょ

[生]斉明7(661).1.8.
[没]大宝1(701).12.27.
天武天皇皇女。母は天智天皇皇女大田皇女。「大来皇女」とも書く。天武2 (673) 年伊勢斎宮に任じられ,奉仕していたが,朱鳥1 (686) 年,同母弟大津皇子の謀反事件が起こり,任を解かれた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

おおく‐の‐ひめみこ〔おほく‐〕【大伯皇女/大来皇女】

[661~701]天武天皇の皇女。大津皇子の同母姉。13年間伊勢斎宮をつとめ、大津皇子死刑後に帰京。万葉集に弟を思う歌6首が残る。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大伯皇女 おおくのおうじょ

661-702* 飛鳥(あすか)時代,天武天皇の皇女。
斉明(さいめい)天皇7年1月8日生まれ。母は大田皇女。百済(くだら)(朝鮮)救援のための天皇の船団が大伯海(岡山県邑久郡(おくぐん)付近の海)にさしかかったとき生まれる。天武天皇2年伊勢(いせ)の斎王となる。伊勢をおとずれた弟の大津皇子をみおくる歌や,その死をいたんでよんだ歌が「万葉集」巻2にのこされている。大宝(たいほう)元年12月27日死去。41歳。名は大来ともかく。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

大伯皇女

没年:大宝1.12(701)
生年:斉明7.1(661)
飛鳥時代の斎王。天武天皇と妃大田皇女の皇女。大来とも書く。百済救援の西征途上,大伯海(岡山県)で誕生。7歳ごろ母と死別。天武2(673)年,伊勢の斎王に。壬申の乱(672)の勝利祈願に天武が献じたとも。同母弟大津皇子を詠んだ歌が6首,『万葉集』に残る。朱鳥1(686)年,大津が謀反発覚により死を賜ったのち斎宮から帰京。屍を移葬したときの哀傷歌「うつそみの人にあるわれや明日よりは二上山を弟世とわが見む」には,母の死後支え合ってきた弟への想いがにじむ。外征と内乱,権力抗争の時代に生き,わずかに心の軌跡を歌に残した。<参考文献>山崎馨「大伯皇女と大津皇子」(『国文学』13巻1号)

(義江明子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

おおくのひめみこ【大伯皇女】

661‐701(斉明7‐大宝1)
万葉歌人。天武天皇の皇女で大津皇子の同母姉。母は天智天皇の皇女大田皇女だが,大伯が6歳のおりに没した。673年(天武2)斎宮に命じられ,13歳から26歳までの間伊勢神宮に仕えた。686年(朱鳥1)父天皇の死にともない斎宮の任を解かれ,それと前後して弟大津皇子の謀反事件がおこる。皇女の歌は《万葉集》巻二に6首あり,事件の直前ひそかに伊勢へ下ってきた大津を見送る歌2首,大津の処刑後上京したときの2首,大津の屍を二上山へ移葬するさいの2首と,すべて弟の謀反にかかわって詠まれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

おおくのひめみこ【大伯皇女】

661~701) 天武天皇の皇女。大津皇子の同母姉。斎宮として伊勢で一三年間奉仕。万葉集に弟大津皇子をおもう歌六首がある。大来皇女。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大伯皇女
おおくのひめみこ
(661―701)

『万葉集』の歌人。天武(てんむ)天皇の皇女。母は天智(てんじ)天皇皇女の大田皇女。大津皇子(おおつのおうじ)の同母姉。673年伊勢(いせ)の斎宮に定められ翌年下向、686年(朱鳥1)大津皇子の刑死後に帰京(日本書紀)。両親、弟はすでに亡く孤独の余生を送る。『万葉集』に短歌6首が残る。ひそかに伊勢へ訪ねきて京に帰る弟の身を案じながら立ち尽くす作者の姿が鮮やかに浮かび上がってくる「我が背子(せこ)を大和(やまと)へ遣(や)るとさ夜ふけて暁露(あかときつゆ)に我が立ち濡(ぬ)れし」(巻2)をはじめとして、全作品が弟としての大津皇子に対する深切な愛情を歌い込めた名歌。[遠藤 宏]
『山崎馨著「大津皇子と大伯皇女」(『万葉集を学ぶ 第2集』所収・1977・有斐閣)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大伯皇女の関連キーワード天武天皇阿倍橘娘小石姫皇女大田皇女紀皇女坂田雷磯城皇子田形内親王新田部皇女八田皇女

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大伯皇女の関連情報