コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

道御 どうぎょ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

道御 どうぎょ

1223-1311 鎌倉時代の僧。
貞応(じょうおう)2年生まれ。律宗幼時に母にすてられ,15歳のとき東大寺で出家。唐招提寺,法隆寺などで真言と律をまなぶ。洛西法金剛院,清凉寺で融通大念仏会をもよおし,10万人をあつめた。愛宕山地蔵菩薩にいのり,母に再会したとつたえる。応長元年9月29日死去。89歳。大和(奈良県)出身。法号修広。通称は十万上人。諡号(しごう)は円覚上人。法名導御(どうご)とも。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

道御の関連キーワード奈良県宇陀郡御杖村神末San Pin 中津高宮廃寺跡〈奈良県〉神楽村御料地争議三条西 公正白崎海洋公園国頭方西海道御所(市)鈴木 小舟屋敷山古墳円覚(2)御船(町)水谷川忠麿森 諦円桜町天皇御歌所派小松左京下山応助八田知紀鴻 雪年

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

道御の関連情報