コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

道心 どうしん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

道心
どうしん

仏教用語。 (1) 仏道を修行して,悟りを求めようとする志をいう。 (2) 13歳,または 15歳以上で仏門に入った者の通称

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

どう‐しん〔ダウ‐〕【道心】

道徳心。「道心に基づく行為」

㋐仏道を修め仏果を求める心。仏道に帰依する心。菩提(ぼだい)心。
㋑13歳または15歳で仏門にはいった人。また一般に、仏道に帰依した人。「青道心

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

どうしん【道心】

是非を判断して、正しい道をふみおこなう心。道徳心。良心。
仏教を信じる心。出家者となって、修行に励む心。菩提心ぼだいしん
出家者。特に一三歳または一五歳で出家となった者。 「今-」 「青-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

道心の関連キーワード苅萱桑門筑紫いえづと杵屋長五郎(2代)苅萱桑門筑紫𨏍寂照(寂昭)東海道名所記妙法(1)苅萱・刈萱滝口・横笛ごっそり見明らむ突き歩く無道心武蔵鐙菩提心往生寺無意気道心者道心坊盗み魚石童丸

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

道心の関連情報