コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

望む ノゾム

2件 の用語解説(望むの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

のぞ・む【望む】

[動マ五(四)]《「臨む」と同語源》
はるかに隔てて見る。遠くを眺めやる。「富士を―・む展望台」

㋐物事がこうであればいい、自分としてはこうしたい、こうなりたい、また、なんとか得られないものかなどと、心に思う。「栄達を―・む」「名声など―・まない」「誰でも幸福を―・んでいる」
㋑特定の相手に対して、こうあってほしい、こうしてもらいたいと思う。注文する。「自重を―・む」「一層の努力が―・まれる」
自分の所に来てくれるように働きかける。欲しがる。「後妻にと―・まれる」
したう。仰ぐ。「徳を―・む」
[可能]のぞめる

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

のぞむ【望む】

( 動五[四] )
〔「臨む」と同源〕
遠くをながめやる。はるかに見渡す。 「アルプスを-・む景勝の地」 「日を-・めばみやこ遠し/土左」
希望する。
自分自身のことについていう。 「進学したいと-・んでいる」 「世界平和を-・む」
他人についていう。注文する。 「新しい門出にあたり、お二人に-・みたいことは…」 「さらなる発展を-・む」 「息子の嫁にと-・まれる」
人の美点を受け入れる。 「美しい容姿を-・まれてモデルとなる」
[可能] のぞめる
[慣用] ろうを得て蜀しよくを-
[表記] のぞむ(望・臨)
「望む」は“遠くを眺める。希望する”の意。「正面に富士山を望む景勝の地」「世界平和を望む」「さらなる発展を望む」  「臨む」は“面する。出席する。直面する。対する”の意。「駿河湾に臨む漁村」「試験に臨む」「難局に臨んで」「厳罰をもって臨む」
[句項目]

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

望むの関連キーワード埋かる悼む熟る臥す梳く発つ泊める臨む撃つ剪む

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

望むの関連情報