コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エン

デジタル大辞泉の解説

えん【遠】[漢字項目]

[音]エン(ヱン)(漢) オン(ヲン)(呉) [訓]とおい
学習漢字]2年
〈エン〉
空間的、時間的に隔たっている。とおい。「遠隔遠近遠征以遠永遠望遠悠遠遼遠(りょうえん)
とおざける。「遠心力敬遠
深くて大きい。奥深い。「遠大遠謀高遠深遠
うとい。「遠戚疎遠
遠江(とおとうみ)国。「遠州
〈オン〉とおい。とおざける。「遠国遠流(おんる)久遠(くおん)
[名のり]とお
[難読]遠近(おちこち)

おち〔をち〕【遠/彼方】

遠い所。遠方。
「川より―にいと広くおもしろくてあるに」〈椎本
現在から隔たった時。
㋐以前。昔。
「昨日より―をば知らずももとせの春の始めは今日にぞありける」〈拾遺雑賀
㋑以後。将来。
「このころは恋ひつつもあらむ玉くしげ明けて―よりすべなかるべし」〈・三七二六〉
[補説]元来、遠く隔たった向こうの。代名詞的に、「かなた」「あちら」の意にも用いる。

おと〔をと〕【遠/彼方】

おち(遠)」の音変化。
「大宮の―つ端手(はたで)」〈・下〉
[補説]現代語の「おととし(一昨年)」「おととい(一昨日)」の「おと」もこの語にもとづき、時間的に遠いことの意を表す。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

とお【遠】

〔形容詞「とほし」の語幹〕
「とおつ」「とおの」の形で、または直接に名詞の上に付き、遠いことの意を表す。 「 -つ国」 「 -のみかど」 「 -干潟」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

遠の関連キーワード浜松・東三河フェニックス遠慮なければ近憂あり遠州灯籠・遠州燈篭山梨県甲府市伊勢遠鉄ぶらりきっぷテレードスコープ彦火火出見尊高祖(後漢)加藤吉左衛門カヌーイング伊岐善盛女スピッツ管御子左為遠真空紫外線遠距離恋愛壬生匡遠葛の根の四辻季継遠州高取志戸呂焼

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

遠の関連情報