コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遷座祭 せんざさい

3件 の用語解説(遷座祭の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

遷座祭
せんざさい

神殿を新しく造営,修理する際,竣工後,神体を移す祭儀。遷宮祭ともいう。本殿から権殿へ移す祭儀を仮殿遷座祭,権殿から本殿へ移す祭儀を本殿遷座祭,また定期的に行われる遷座祭を式年遷座祭という。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

遷座祭
せんざさい

神体を遷(うつ)し奉る祭儀をいう。神殿の改築・修理にあたって、一時仮殿(かりどの)へ神体を遷すこと、また、竣工(しゅんこう)なった神殿へ仮殿から神体を移座する祭儀。遷座祭には、6年、12年、20年、30年、50年など定められた周期ごとに行う式年遷座祭と、単に神殿の修理などのために行う臨時の遷座祭とがある。一般の神社では遷座祭というのに対して、伊勢(いせ)神宮のは遷宮祭、式年遷宮祭と称してきた。伊勢神宮のほか古来よりの制度として30年一度の宇佐(うさ)神宮、20年一度の住吉(すみよし)大社、香取(かとり)神宮、鹿島(かしま)神宮。12年一度の一之宮貫前(いちのみやぬきさき)神社、6年一度の諏訪(すわ)大社などの式年遷座がよく知られている。[岡田荘司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の遷座祭の言及

【遷宮・遷座】より

…神殿の改修造営に際して,神霊を移すこと。この場合,遷宮は伊勢神宮にのみ用い,一般神社では遷座といい,その祭儀を遷宮祭,遷座祭という。伊勢神宮では,7世紀後半の天武朝以来20年に1度〈式年遷宮〉が行われ,中世戦乱期に一時遅延したが,現在まで続いて行われている。…

※「遷座祭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

遷座祭の関連情報