コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遺伝的アルゴリズム

7件 の用語解説(遺伝的アルゴリズムの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

遺伝的アルゴリズム

生物の進化する過程に着目し、複数の答えを遺伝的に変化させながらよりよい答えを導き出す手法。エレベーターの制御などに利用されている。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

いでんてき‐アルゴリズム〔ヰデンテキ‐〕【遺伝的アルゴリズム】

genetic algorithmコンピュータープログラミングにおいて、生物の遺伝子自然淘汰(とうた)を模すことにより最適な解を導く手法。生成論的アルゴリズム。GA。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IT用語がわかる辞典の解説

いでんてきアルゴリズム【遺伝的アルゴリズム】

アルゴリズムのひとつ。コンピューターのプログラミングにおいて、突然変異や自然淘汰といった生物の遺伝子の振る舞いと役割を模すことにより解を求める手法。◇「生成論的アルゴリズム」ともいう。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

いでんてきアルゴリズム【遺伝的アルゴリズム Genetic Algorithms】

遺伝的アルゴリズムGenetic Algorithms(以下GA)は,生物進化(選択淘汰,突然変異)の原理に着想を得たアルゴリズムであり,確率的探索の一手法と考えることができる。ここでは,“探索”という言葉を広い意味で使用している。つまり,GAでは最適化や規則学習なども可能であるが,それらも解空間上での探索としてとらえているという意味で,GAは探索の一手法であるとする。歴史的にみるとGAは,ホランドJohn Hollandの《生物と人工的システムにおける適応Adaptation in Natural and Artificial Systems》(1975)において導入された手法である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

いでんてきアルゴリズム【遺伝的アルゴリズム】

生物の進化過程に着想を得た、確率論的なデータ処理と適応度による選択などの操作でソフトウエアの最適化を図る手法。 GA 。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

遺伝的アルゴリズム
いでんてきアルゴリズム
Genetic Algorithm; GA

最適化の問題において,生物の遺伝・進化のメカニズムをまねてコンピュータにプログラミングし,その解を求める方法。遺伝アルゴリズムともいう。略称 GA。生物が実際の環境のなかでみずからを最適化しているという事実をふまえて,1975年アメリカ合衆国ミシガン大学のジョン・ホランドが提唱した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

遺伝的アルゴリズム
いでんてきあるごりずむ
genetic algorithm

GAと略される。集団でみた生物の遺伝、進化をモデルにして、発見的に解を探索するアルゴリズム(問題を解くための論理構造)。自然界では多数の遺伝子が共存し、想定された多数の課題から最適解を探索・選定して生き延びている。GAではこれをまねて、データを染色体のように扱い、まずは適当な遺伝子集団をつくり、それをあらかじめ定めておいた適応度の評価関数(生存条件)で評価して、適応度の高いものは増殖させ低いものは淘汰する(自然淘汰)。ついで残ったものの2組を組合せ、遺伝子の染色体の一部を交換(交配)して新しい遺伝子をつくるとともに、ランダムに一部の染色体を強制的に書き換え(突然変異)、ばらつきの多い新しい遺伝子集団をつくる。この操作を数百、数千世代にわたって繰り返すと適合性のよい解が得られる。1975年に組合せ最適化問題を解くためにアメリカのミシガン大学のホランドJohn Hollandが提案したもので、ルール型学習システムを発展させ、ニューラル・ネット(脳の神経網の働きをまねたネットワーク)、ロボット人工生命などに応用されている。[岩田倫典]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

遺伝的アルゴリズムの関連キーワードリゴリズムRSA暗号アルゴリズムアルゴリズム取引暗殺のアルゴリズムリヴェスト‐シャミール‐アルドレマンのアルゴリズム生成論的アルゴリズム暗号化アルゴリズム確率的アルゴリズム分散アルゴリズム並列アルゴリズム

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone