コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本渓 ホンケイ

5件 の用語解説(本渓の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ほんけい【本渓】

中国、遼寧(りょうねい)省東部の鉱工業都市。石炭・鉄の産地。旧称、本渓湖。人口、行政区98万(2000)。ペンシー

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

本渓【ほんけい】

中国,遼寧省中東部の鉱業都市。瀋陽の南東,遼河支流の太子河の上流にあり,瀋丹鉄路(瀋陽〜丹東)が通る。良質の石炭・鉄鉱石を産し,〈炭鉱の町〉とも呼ばれている。1905年以後日本資本が進出,1911年合弁で本渓湖煤鉄公司を設立し採炭・製鉄を行った。
→関連項目遼寧[省]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ほんけい【本渓 Běn xī】

中国遼寧省(旧奉天省)東部の太子河上流域,瀋丹(旧安奉)鉄道沿線にある都市。1906年(光緒26)に遼陽府下の遼陽,鳳城,新賓の3県の一部をさいて本渓県とされた地で,西に本渓湖があり,本渓県はこの湖の名をとって称されたものである。市街は日本の大倉財閥の進出によって発展し,1937年街制がしかれ,45年市制がしかれたとき本渓市と改称された。同地は古来著名な産炭地で,廟児溝はじめ近隣から運ばれた鉄鉱石を使って鉄器も製造されていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ほんけい【本渓】

中国、遼寧省東部の都市。鉄・石炭の産地を控え鉄鋼業が発達。旧称、本渓湖。ペンシー。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

本渓
ほんけい / ペンシー

中国、遼寧(りょうねい/リヤオニン)省東部の地区級市。太子(たいし)河上流に位置する鉱工業都市である。平山、明山、渓湖、南芬(なんふん)の4市轄区からなり、本渓、桓仁(かんじん)両満族自治県を管轄下に置く。人口157万0995、市轄区人口96万7815(2000)。「鉄と石炭の町」として知られ、鉄は遼(りょう)・金の時代、石炭は清(しん)代から採掘が行われていたが、1911年日清(にっしん)合弁の本渓湖煤鉄(ばいてつ)公司(コンス)が創設されてから発展した。解放後、生産設備が増強され、鉄山、炭鉱のほか製鉄、製鋼、圧延、建築材料などの工場がつくられた。瀋丹(しんたん)鉄道が南北に通り、遼渓(りょうけい)、渓田(けいでん)両鉄道が分岐する。市名の語源である本渓湖や本渓県の鉄刹(てっせつ)山は名勝地として知られ、桓仁県の五女山(ごじょさん)には高句麗(こうくり)の山城(やまじろ)遺跡がある。[河野通博]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

本渓の関連キーワード東陵奉天遼寧省興京通化鉄嶺沙河奉天省公署韓陽遼東省

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

本渓の関連情報