コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

那須野紙 ナスノガミ

デジタル大辞泉の解説

なすの‐がみ【那須野紙】

那須野の烏山(からすやま)地方に産する和紙。烏山紙。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

なすのがみ【那須野紙】

栃木県那須野烏山地方で産する和紙。那須烏の子。烏山紙。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

那須野紙
なすのがみ

下野(しもつけ)国(栃木県)の那須野付近で江戸時代に漉(す)かれた和紙。井原西鶴(さいかく)の『一目玉鉾(ひとめたまぼこ)』に「那須野、此里より那須紙出る」とあり、また上田秋成(あきなり)の『雨月物語』にも「那須野紙のいたう古びて、文字もむら消して所々見定めがたき」と記されるなど、江戸文学によく現れる。杉原系統の紙と思われるが、文献には「なす鳥子(とりのこ)」の名もみられ、ほかに檀紙(だんし)や奉書(ほうしょ)も漉かれた。なお、これらの伝統は、現代の烏山(からすやま)産紙(那須烏山市で産する和紙)に引き継がれている。[町田誠之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

那須野紙の関連キーワード雨月物語那須野

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android