那須烏山市(読み)なすからすやま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

那須烏山〔市〕
なすからすやま

栃木県東部,那珂川とその支流荒川の流域に広がる市。八溝山地の南西斜面に位置し,東で茨城県に接する。2005年南那須町と烏山町が合体して市制。那珂川右岸の河岸段丘上に市街地が広がる。烏山は近世烏山藩の城下町で,明治以降はこの地方の商業の中心地。農業は米作と畜産が主で,トマトやイチゴ,ナシなどの栽培も行なわれる。烏山和紙は特産品(→和紙)。機械,繊維,木工などの工業が立地し,自然や温泉をいかした観光業も盛ん。烏山の山あげ行事(→山あげ祭)は国の重要無形民俗文化財に指定されており,2016年に「山・鉾・屋台行事」の一つとして国際連合教育科学文化機関 UNESCOの世界無形遺産に登録された。市域の一部は那珂川県立自然公園に属する。JR烏山線,国道293号線,294号線が通る。面積 174.35km2。人口 2万7047(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

那須烏山市の関連情報