コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

津屋 つや

2件 の用語解説(津屋の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

津屋
つや

平安時代,河川の要港で貨物の保管,販売を行い,口銭をとった倉庫業者。初めは津 (船付場) にあって運送,保管にあたり,倉敷料を徴収するだけであったが,荘園制の発展による物資移動の増大に伴って,商業機能をもあわせもつようになった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

つや【津屋】

古代,中世において,荘園または港湾に設けられた倉庫のこと。《和名抄》《弁色立成》という辞書に〈邸家〉とあるのを引用して,これに〈俗に津屋と云う〉と注している。〈邸〉は中国では元来倉庫の意で,旅宿を意味する場合もある。〈邸店〉と称する場合もあり,店は商店または倉庫を意味する。〈邸閣〉の語もあり,その古訓は〈ヤ〉で,同じく倉庫を意味する。《弁色立成》は〈邸家〉を説明して,他人の貨物を停蔵し,もしくは他人に代わってこれを沽却して賃銭を取る所,すなわち倉庫業者が問屋を兼ねる場合を指すという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

津屋の関連キーワード倉敷納所正作田死に設け水俣港八幡浜港積立勘定公家法交分紺搔

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

津屋の関連情報