コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

郊祭 こうさい

2件 の用語解説(郊祭の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

郊祭
こうさい

「郊祀 (こうし)」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

こうさい【郊祭 jiāo jì】

中国古代において,皇帝がその国都の郊外で天または地をまつった祭祀をいう。〈郊祀〉ということが多い。天地をまつることは,《礼記(らいき)》《周礼(しゆらい)》などの経書に散見されて,古くから行われていたようであるが,その起源の詳細については不明。漢代に入って儒教が国教化されるとともに,この祭祀も典礼化され,以来,天地をまつることは,皇帝の専権となった。そのなかでも,泰山などの霊岳において行われる封禅の秘儀は,最も重大なものと考えられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

郊祭の関連キーワード郊祀東周方士国都西郊洛外板野長八《中国古代社会研究》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone