コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

郊祭 こうさい

2件 の用語解説(郊祭の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

郊祭
こうさい

「郊祀 (こうし)」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こうさい【郊祭 jiāo jì】

中国古代において,皇帝がその国都の郊外で天または地をまつった祭祀をいう。〈郊祀〉ということが多い。天地をまつることは,《礼記(らいき)》《周礼(しゆらい)》などの経書に散見されて,古くから行われていたようであるが,その起源の詳細については不明。漢代に入って儒教が国教化されるとともに,この祭祀も典礼化され,以来,天地をまつることは,皇帝の専権となった。そのなかでも,泰山などの霊岳において行われる封禅の秘儀は,最も重大なものと考えられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone