コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

郊祭 こうさいjiāo jì

世界大百科事典 第2版の解説

こうさい【郊祭 jiāo jì】

中国古代において,皇帝がその国都の郊外で天または地をまつった祭祀をいう。〈郊祀〉ということが多い。天地をまつることは,《礼記(らいき)》《周礼(しゆらい)》などの経書に散見されて,古くから行われていたようであるが,その起源の詳細については不明。漢代に入って儒教が国教化されるとともに,この祭祀も典礼化され,以来,天地をまつることは,皇帝の専権となった。そのなかでも,泰山などの霊岳において行われる封禅秘儀は,最も重大なものと考えられた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

郊祭
こうさい

郊祀」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android