コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

部隊行動基準 ブタイコウドウキジュン

デジタル大辞泉の解説

ぶたいこうどう‐きじゅん〔ブタイカウドウ‐〕【部隊行動基準】

自衛隊が、武力攻撃や緊急事態に直面した際に、法令を遵守しながら状況に応じて的確に対処し任務を遂行できるようにするため、政策的判断により示された基準。日本は憲法第9条で交戦権を否認しているが、自衛隊の海外派遣や治安出動海上警備行動などが増えていることから、武器使用や対応手順に関する規定が必要とされるようになり、防衛省が訓令に基づいて作成・改定している。→アール‐オー‐イー(ROE)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

部隊行動基準の関連キーワード陸自のイラク派遣有事法制ROE

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

部隊行動基準の関連情報