部隊行動基準(読み)ブタイコウドウキジュン

デジタル大辞泉の解説

ぶたいこうどう‐きじゅん〔ブタイカウドウ‐〕【部隊行動基準】

自衛隊が、武力攻撃や緊急事態に直面した際に、法令を遵守しながら状況に応じて的確に対処し任務を遂行できるようにするため、政策的判断により示された基準。日本は憲法第9条で交戦権を否認しているが、自衛隊の海外派遣や治安出動海上警備行動などが増えていることから、武器使用や対応手順に関する規定が必要とされるようになり、防衛省が訓令に基づいて作成・改定している。→アール‐オー‐イー(ROE)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android