コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

都万 つま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

都万
つま

島根県隠岐諸島,島後南西部の地域。旧村名。 2004年 10月に西郷町,布施村,五箇村と合併し隠岐の島町となる。横尾山 (573m) の南西斜面を占め諸川の河口に耕地が開ける。果樹栽培,漁業が行なわれる。火山岩台地が広く,油井ノ池はマール。 1987年総合観光開発施設アイランドパークが完成。海岸線一帯は大山隠岐国立公園に属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

都万
つま

島根県北部、隠岐(おき)郡にあった旧村名(都万村(むら))。現在は隠岐の島町の南西部を占める地区。2004年(平成16)西郷(さいごう)町、布施(ふせ)、五箇(ごか)の2村と合併、隠岐の島町となる。旧都万村は隠岐諸島島後(どうご)の南西部に位置する。名称は古代以来の郷村名による。旧村域の80%以上が山林である。草地改良による肉牛飼育の増大が図られ、刺網(さしあみ)、釣り漁業のほか養殖漁業(イタヤガイ、ヒオウギガイ)も行われる。大津久(おおづく)は神功(じんぐう)皇后が新羅(しらぎ)侵攻時に立ち寄ったという伝説がある地。[江村幹雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

都万の関連キーワード西都原杉安峡県立自然公園島根県隠岐郡隠岐の島町布袋屋梅之丞(初代)中村四郎五郎(初代)桐野谷権十郎(2代)中村喜代三郎(初代)中村富十郎(初代)都太夫一中(1世)尾上菊五郎(初代)坂田藤十郎(1世)都太夫一中(初代)南北三ぶ(2代)霧波千寿(初代)鳥辺山・鳥部山西郷(島根県)都一中(初代)隠岐の島(町)隠岐の島[町]布施(島根県)小佐川十右衛門

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android