コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白鳳文化 はくほうぶんか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

白鳳文化
はくほうぶんか

白鳳時代文化。前半は飛鳥文化影響を受けながらも,従来の大陸伝来そのままであったものを日本的に消化し,独特な明るさと清新な気風とが感じられる。後半は初唐美術の影響を受け,天平文化の始りがうかがわれる。この時代の代表的な作品は彫刻では薬師寺の金堂薬師三尊,東院堂聖観音像など,建築では同寺東塔など,絵画では法隆寺金堂壁画は火災で失われたが,高松塚古墳で発見された彩色壁画は,この時期の優秀な絵画であるとともに大陸の影響の強さを示している。文学では『万葉集』にみえる柿本人麻呂がこの時代を代表する歌人である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

はくほう‐ぶんか〔‐ブンクワ〕【白×鳳文化】

白鳳時代の文化。との交通により、その影響を受けた仏教美術にすぐれた作品が多い。薬師寺の東塔や薬師三尊像、法隆寺金堂壁画などがその代表。また、国史編纂が開始され、漢詩和歌なども盛んとなった。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

白鳳文化【はくほうぶんか】

飛鳥文化と天平文化の中間,律令国家建設期の文化。初唐文化の影響を受けて清新で躍動的な風があり,次の天平文化に続くものとして両者を一括して奈良文化とする捉えかたもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

はくほうぶんか【白鳳文化】

白鳳時代の文化。遣唐使によって初唐の文化がもたらされ、特に仏教美術にその影響がみられる。薬師寺の薬師三尊像や東塔、法隆寺金堂壁画などが代表的。国史編纂が始まり、漢詩文・和歌も盛んとなった。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の白鳳文化の言及

【飛鳥時代】より

…また仏教だけでなく,儒教・道教の思想や,天文・暦法,あるいは讖緯(しんい)説なども盛行した。この飛鳥文化に対して,後期の天武・持統朝を中心とする文化を白鳳文化とよぶ。やはり仏教文化が中心であるが,遣隋使・遣唐使の派遣によって直接中国文化を摂取する道が開かれ,初唐文化の影響が全般に強く認められる。…

※「白鳳文化」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

白鳳文化の関連キーワード夏見廃寺跡藤原京漢詩文遣唐使葛城市都城制金銅仏塑像

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

白鳳文化の関連情報