都市銀行・地方銀行(読み)としぎんこうちほうぎんこう

世界大百科事典 第2版の解説

としぎんこうちほうぎんこう【都市銀行・地方銀行】

普通銀行(普通銀行・特殊銀行)は都市銀行地方銀行(それぞれ都銀,地銀と略称される)に分けられる。1936年9月全国地方銀行協会が設立され,その結成趣旨書で,はじめて地方銀行とはシンジケート銀行団(三井三菱安田,第一,住友などの大銀行)以外の中小銀行であると明示され,地方銀行の概念が一般化した。49年6月〈日本銀行法〉の改正で,法制上はじめて〈大都市銀行〉〈地方銀行〉の呼称が使用された。そして,55年ごろから〈都市銀行〉という名称が一般化し,慣用語化した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android