横浜銀行(読み)よこはまぎんこう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

横浜銀行
よこはまぎんこう

地方銀行。1920年七十四銀行と横浜貯蓄銀行を整理統合して横浜興信銀行として設立。1927年左右田銀行,1928年第二銀行,横浜貿易銀行,元町銀行を継承,1932年関東興信銀行を合併,1941年神奈川県下の 6銀行を合併。1945年都南貯蓄銀行を合併して神奈川県下の唯一の本店銀行となった。第2次世界大戦後は地元産業の育成により経営規模を拡大,1957年現社名に変更。高度成長の波に乗った拡大化を行ない発展し,地銀有数の総資産を誇る。2016年東日本銀行と経営統合し,持株会社コンコルディア・フィナンシャルグループを設立して傘下に入った。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

横浜銀行

正式社名「株式会社横浜銀行」。通称「浜銀はまぎん」。英文社名「The Bank of Yokohama, Ltd.」。銀行業。大正9年(1920)「株式会社横浜興信銀行」設立。昭和32年(1957)現在の社名に変更。本店は横浜市西区みなとみらい。地方銀行の最大手。神奈川県・東京南西部が地盤。東京証券取引所第1部上場。証券コード8332。

出典 講談社日本の企業がわかる事典2014-2015について 情報

今日のキーワード

統合型リゾート(IR)

Integrated Resortの略で、カジノや劇場、ホテルなどが一体となった施設。国会の超党派議員が提出したカジノ解禁法案はIRの整備を後押しする基本法案で、2014年に趣旨説明と質疑が行われたも...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

横浜銀行の関連情報