コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鄭芝龍 ていしりゅうZheng Zhi-long

2件 の用語解説(鄭芝龍の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鄭芝龍
ていしりゅう
Zheng Zhi-long

[生]万暦32(1604)
[没]永暦15(1661).4.
中国,明末~清初の貿易商。福建省南安の人。字は飛黄。通称は一官または老一官。日本に来て平戸の田川七左衛門の娘と結婚し,福松 (成功) ,次郎左衛門らの子を得た。日本,中国,台湾を舞台に貿易を行い巨富を得た。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鄭芝龍
ていしりょう
(1604―1661)

中国、明(みん)末の貿易商、武将。福建省泉州に生まれる。字(あざな)は飛黄(ひこう)。「日本甲螺(かしら)」といわれ、日本では一官(いっかん)、老一官として知られ、ニコラスという受洗名をもっていたともいう。18歳で父を失い、伯父の船に乗って日本に行き、平戸の田川氏の娘と結婚した。その間に生まれた福松が後の鄭成功(ていせいこう)である。密貿易で巨富を蓄え、明朝から招かれて海防遊撃となり、ついで総兵官、都督(ととく)に進んだ。明の滅亡後、福王弘光(こうこう)帝が南京(ナンキン)で擁立され、福王は芝龍を南安伯にした。福王の死後、芝龍は唐王隆武帝を福州で擁立して平虜(へいりょ)侯となり、さらに太師平国公になり、日本に援兵を請う使者を送った。1646年に芝龍は、清(しん)軍に内通して福州を落とし、以後はしばしば清に抗していた鄭成功を招諭した。しかし成功がこれに応じなかったため、成功に通じたという罪によって、61年の4月に殺された。[田中健夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

鄭芝龍の関連キーワードマーストン唐通事と蘭通詞萩焼津山城黒田官兵衛孝高(よしたか)糸割符今治城オセロ黒田孝高鄭芝竜

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone