コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャク

デジタル大辞泉の解説

しゃく【酌】

酒をにつぐこと。また、つぐ人。「をする」「を呼ぶ」
「―する小しゅんを昵(じっ)と視詰(みつ)めて」〈小杉天外・初すがた〉

しゃく【酌】[漢字項目]

常用漢字] [音]シャク(呉)(漢) [訓]くむ
酒をつぐ。くむ。「酌婦対酌独酌媒酌晩酌
先方の意見や事情をくみとる。「酌量参酌斟酌(しんしゃく)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しゃく【酌】

酒をさかずきにつぐこと。また、それをする人。 「 -をする」
[句項目]

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

酌の関連キーワード超神ネイガーのお酒差しつ押さえつガニュメデス山名正信ネクタル月見座頭雄蝶雌蝶cafe東竹乃葉狂言小謡雌蝶雄蝶酌を取る茶屋女酌取りほかと襟替え菜越し加え憚りヘベ

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

酌の関連情報