コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

(読み)シャク

デジタル大辞泉の解説

しゃく【酌】

酒をにつぐこと。また、つぐ人。「をする」「を呼ぶ」
「―する小しゅんを昵(じっ)と視詰(みつ)めて」〈小杉天外・初すがた〉

しゃく【酌】[漢字項目]

常用漢字] [音]シャク(呉)(漢) [訓]くむ
酒をつぐ。くむ。「酌婦対酌独酌媒酌晩酌
先方の意見や事情をくみとる。「酌量参酌斟酌(しんしゃく)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

酌の関連情報