コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャク

デジタル大辞泉の解説

しゃく【酌】

酒をにつぐこと。また、つぐ人。「をする」「を呼ぶ」
「―する小しゅんを昵(じっ)と視詰(みつ)めて」〈小杉天外・初すがた〉

しゃく【酌】[漢字項目]

常用漢字] [音]シャク(呉)(漢) [訓]くむ
酒をつぐ。くむ。「酌婦対酌独酌媒酌晩酌
先方の意見や事情をくみとる。「酌量参酌斟酌(しんしゃく)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゃく【酌】

酒をさかずきにつぐこと。また、それをする人。 「 -をする」
[句項目] 酌を取る

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

酌の関連キーワードアルコール・ハラスメント超神ネイガーのお酒差しつ押さえつガニュメデス山名正信月見座頭雄蝶雌蝶ネクタル東竹乃葉ネヘミア岡村簣斎雌蝶雄蝶cafe狂言小謡酌を取るほかと茶屋女酌取り菜越し襟替え

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

酌の関連情報