酒保(読み)しゅほ

日本大百科全書(ニッポニカ)「酒保」の解説

酒保
しゅほ

旧日本軍の兵営、艦船内に設けられた売店で、「軍隊内務令」の物品販売所がこれにあたる。士官、兵に時間を限定して、酒類、甘味品などの飲食物、手拭(てぬぐい)、歯ブラシ、ちり紙などの日用品を安価で販売した。酒や汁粉、うどんなどは酒保内でのみ飲食が許可され、新聞・雑誌の閲覧、囲碁・将棋などの娯楽設備もあった。なお、酒保とは中国語で酒屋の店員の意。アメリカ軍ではPX(post exchangeの略)、自衛隊では売店という。

[寺田近雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「酒保」の解説

しゅ‐ほ【酒保】

〘名〙
① 酒を売る人。また、酒屋のやとい人。
※通俗赤縄奇縁(1761)二「一杯を飲で消遣せんと、酒保(シュホ)(〈注〉サカヤノヲトコ)を呼で酒を求めけるに」 〔陰符経‐中篇〕
② 旧日本軍の兵営や艦船内で、士官、兵に日用品・飲食物などを売った店。軍隊内務令の物品販売所の俗称。
※東京日日新聞‐明治一八年(1885)七月一一日「陸軍省にて、今ど陸軍内務書第四版に拠り営内の飲酒を許されたるに付き、聯隊中に酒保をおかれ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「酒保」の解説

酒保
しゅほ
canteen

兵営など軍事施設内に設けられ,将兵が自費飲食などができる店。アメリカでは PX (post exchange)といってスーパーマーケット並みの店がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android