コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長夜 ジョウヤ

6件 の用語解説(長夜の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

じょう‐や〔ヂヤウ‐〕【長夜】

ちょうや(長夜)

ちょう‐や〔チヤウ‐〕【長夜】

《古くは「ぢょうや」とも》
秋または冬の長い夜。ながよ。 秋》短夜
夜通し。「長夜の宴」
《いつまでも夜が明けないところから》死んで埋葬されること。転じて、死後の世界。
仏語。煩悩(ぼんのう)のため悟りが開けず生死(しょうじ)の境界にさまようこと。「無明(むみょう)長夜

なが‐よ【長夜】

夜の明けるまでが長い夜。特に、秋の夜についていう。夜長。ちょうや。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ちょうや【長夜】

〔古くは「じょうや」とも〕
冬の長い夜。よなが。普通、秋または冬の夜をいう。 ↔ 短夜
(死を夜にたとえて)死んで埋葬されること。また、死んだあとの世。冥土めいど。 「日月明なりと雖とも-に迷へる心地して/太平記 5
〘仏〙 凡夫が煩悩ぼんのうに迷って、真理の光明に出会えないことを夜にたとえていう語。
[句項目]

ながよ【長夜】

長い夜。特に、秋の夜をいう。夜長よなが。ちょうや。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

長夜
ちょうや

なかなか明けない長い夜の意で、多く秋または冬の夜についていう。古くは「じょうや」といった。仏教では、凡夫が煩悩(ぼんのう)にじゃまされて悟ることができず、長く無明(むみょう)(根源的無知)の闇(やみ)に覆われて、生死輪廻(しょうじりんね)の世界に沈淪(ちんりん)するさまを例えていう。「長夜の眠り」「長夜の闇」などは、生死の迷いを闇に例え、生死輪廻の苦界を脱することのできない凡夫のさまをいった句である。[藤井教公]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

長夜の関連キーワード乱調一本調子官途増長調度不調無明長夜乱調子赤提灯黒ぢょか

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

長夜の関連情報