コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酵素工業 こうそこうぎょう

世界大百科事典 第2版の解説

こうそこうぎょう【酵素工業】

酵素は古来醸造食品の製造において,一部の工程を遂行するために利用されてきた。現在でもビールの醸造でデンプン糖化麦芽アミラーゼが,またチーズの製造に際し乳タンパク質凝固子牛胃液から作られたレンニンが使用されているが,これらがいつごろから始まったかは定かでなく,あるものは有史以前にさかのぼることができると考えられる。しかし,酵素の利用が醸造工業の補助的役割を脱し,独立した技術として認められるようになったのは20世紀中ごろ以降のことである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報