コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野牡丹 ノボタン

デジタル大辞泉の解説

の‐ぼたん【野×牡丹】

ノボタン科の常緑低木。暖地に自生し、高さ約2メートル。全体に毛があり、葉は卵形で、縦に走る葉脈が目立ち、対生する。夏、淡紫色の5弁花を開く。実はザクロのように裂開し、食べられる。沖縄・中国南部などに分布。温室栽培もされる。 夏》「―の一と日の命けさあえか/風生

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

のぼたん【野牡丹】

ノボタン科の常緑低木。暖地に自生。時に観賞用に栽培。高さ約2メートル。全体に粗毛がある。葉は狭卵形で明瞭な縦脈がある。夏、枝先に径約5センチメートル、淡紅紫色の五弁花をつける。果実は球形で食べられる。 [季] 夏。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android