コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金奎植 きんけいしょくKim Gyu-sik

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

金奎植
きんけいしょく
Kim Gyu-sik

[生]高宗18(1881).漢城
[没]1950. 満浦鎮?
韓国の独立運動家,政治家。号は尤史。孤児として宣教師 H.アンダーウッドのもとで西洋式教育を受け,光武1 (1897) 年渡米,同8年プリンストン大学大学院卒業。帰国後延禧専門学校教授。 1913年中国に亡命し,19年には大韓民国臨時政府の外務総長としてパリ講和会議に派遣され,欧米委員部 (外交代表部) 委員長として活躍。 22年モスクワで開かれた極東民族大会に朝鮮代表として参加,23年アメリカのローノク大学で名誉博士となり,北京,南京,四川などの各大学で講義を行なった。 35年南京で民族革命党を組織し,党首。 44年重慶で臨時政府の副主席となり,45年解放とともに帰国。 46年民主議院副議長,過渡立法議院議長となり,中間派のリーダーとして左右合作に尽力し,48年南朝鮮での単独選挙に反対して金九とともに南北協商のため平壌に行ったが成果はなく,政府樹立後引退。 50年朝鮮戦争の際に後退する北朝鮮軍に拉致され,満浦鎮で死んだと伝えられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

金奎植【きんけいしょく】

韓国の政治家。ソウル生れ。米国のプリンストン大学卒。1913年中国に亡命し朝鮮独立運動に参加,大韓民国臨時政府の外交活動を担当,民族革命党を結成。解放後に帰国,1946年呂運亨(りょうんこう)と協力して左右合作委員会をつくり,過渡立法院議長となる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きんけいしょく【金奎植 Kim Kyu‐sik】

1881‐1950
朝鮮の独立運動家,政治家。号は尤史。慶尚南道生れ。1897年渡米,ローノーク大学英文科を卒業。1904年帰国しYMCA幹事などを務めたが,13年中国に亡命。19年には大韓民国臨時政府代表としてパリ講和会議に赴いたが参席を拒否された。22年モスクワでの極東民族大会に参加。その後民族革命党主席,臨時政府副主席に就任。解放後,右派代表として左右合作に努力。48年南朝鮮単独選挙に反対して金九とともに南北連席会議に参加。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

キムキュシク【金奎植】

1881~1950) 朝鮮の独立運動家。1919年のパリ講和会議で大韓民国臨時政府外務総長として国権の回復を訴えようとしたが拒否された。48年4月、南北分断に反対して平壌の南北連席会議に出席。きんけいしょく。

きんけいしょく【金奎植】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の金奎植の言及

【三・一独立運動】より

…1918年秋,中国東北部,シベリア方面に移住していた朝鮮人は,ロシアの革命派に協力して日本のシベリア出兵軍と戦っていた。同じころ,アメリカや上海で活動していた安昌浩,呂運亨,金奎植らのグループは,パリ講和会議に朝鮮人代表を派遣し,朝鮮独立の必要性を国際世論に訴えるため奔走していた。さらに,朝鮮内では天道教,キリスト教,学校の教師・学生の間でそれぞれ独自に独立運動計画が練られていた。…

※「金奎植」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

金奎植の関連キーワード三・一独立運動キムギュシク南北協商会議金元鳳国権