コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金性洙 きんせいしゅKim Sǒng-su

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

金性洙
きんせいしゅ
Kim Sǒng-su

[生]高宗28(1891).10.21. 全羅北道,扶安
[没]1955.2.18. 釜山
韓国の教育家,政治家。号は仁村。 1914年早稲田大学政経学部卒業後帰国,15年中央学校校主となり,19年京城紡織株式会社を設立,20年朝鮮語 (ハングル) による民間紙『東亜日報』を創刊。 29~31年欧米旅行ののち,32年普成専門学校 (現高麗大学校) の校主を引受けるなど,民族ブルジョアジーとして教育,産業,言論で植民地朝鮮のナショナリズムをリード。 45年解放とともにアメリカ軍政庁顧問会議長,46年韓国民主党首席総務 (党首) として政府樹立に活躍し,51年第2代副大統領に選ばれたが,イ・スンマン (李承晩) の独裁に反対して 52年辞退。野党を指導しつつ,55年2月 18日朝鮮戦争中に避難地釜山で病死した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

金性洙【きんせいしゅ】

朝鮮の政治家,教育者。号は仁村。全羅北道生れ。1919年京城紡織株式会社(のちの湖南財閥の中心)を設立,三・一独立運動の翌1920年《東亜日報》を創刊,1932年普成専門学校(高麗大学校の前身)校長。
→関連項目宋鎮禹

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きんせいしゅ【金性洙 Kim Sŏng‐su】

1891‐1955
朝鮮の政治家,教育者。号は仁村。全羅北道生れ。1914年早稲田大学卒業後帰国し,中央学校校長。19年京城紡織株式会社(のちの湖南財閥の中心)を設立する一方,20年には《東亜日報》を創刊,実力養成を目標とする右派民族主義の中心となった。32年普成専門学校(高麗大学校の前身)校長。解放後は,宋鎮禹らと韓国民主党を結成,党首。50年副大統領になったが,李承晩との対立から翌年辞任した。【水野 直樹

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の金性洙の言及

【高麗大学校】より

…10年孫秉熙(そんへいき)が引き継ぎ15年普成法律商業学校,21年普成専門学校となり法・商科を置く。32年金性洙が引き継ぎ財団中央学園を確立,みずから校長として運営に努め〈第二の民立大学運動〉とうたわれた。44年京城拓殖専門学校と改称させられたが,解放後復旧,46年現在名となる。…

【湖南財閥】より

…全羅道(湖南とも呼ぶ)の大地主金氏一族が育てたのでこの名がある。1919年金性洙によって京城紡織(株)が設立され,その後中央商工,三養社(農場経営),海東銀行と次々に事業を拡張,38年には南満紡績(株)を設立して満州にも進出した。植民地下の朝鮮では最大の土着工業資本に成長したが,金融的には日本資本の支配を受けた。…

【東亜日報】より

…韓国の新聞。三・一独立運動の翌1920年4月金性洙らが創刊。初代社長朴泳孝,主幹張徳秀。…

※「金性洙」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

金性洙の関連キーワード10月21日キムソンス

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android