コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金蓮花 キンレンカ

デジタル大辞泉の解説

きんれん‐か〔‐クワ〕【金×蓮花】

ノウゼンハレン別名 夏》

きん‐れんげ【金×花】

仏前に供える金色の蓮華(れんげ)の造花。こんれんげ。
アサザの別名。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きんれんか【金蓮花】

ノウゼンハレン科の多年草。南米ペルー原産。江戸時代に渡来し、観賞用に一年草として栽培される。茎はつる状で多肉。葉は柄が長く卵形でハスに似る。花は腋生えきせいの長い花柄に一個ずつつき、紅・黄・橙色などの五弁花で距きよがある。ノウゼンハレン。ナスターチウム。

きんれんげ【金蓮花】

植物アサザの別名。
仏前に供える金製または金色の蓮華の造花。こんれんげ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

金蓮花 (キンレンカ)

植物。ノウゼンハレン科一年草。ノウゼンハレンの別称

金蓮花 (キンレンカ)

植物。マメ科の落葉小高木,園芸植物。キングサリの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

金蓮花の関連キーワードナスターチウム凌霄葉蓮蓮華金製仏前造花金色

今日のキーワード

シンデレラ体重

女性の理想的な体重の指標の一つで、BMIなどと同様、計算式にあてはめて割り出す。もともとは大手エステサロンが女性の理想的な体重として20年以上前に考案した指標で、当時の計算式は「身長(メートル)×身長...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android