コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金輪奈落 コンリンナラク

デジタル大辞泉の解説

こんりん‐ならく【金輪奈落】

[名]金輪際1」に同じ。
[副]どこまでも。とことん。底の底まで。こんりんざい。
「かう握ったら―、旗は切れてもちぎれても、…やみやみと渡さうかと」〈浄・布引滝

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こんりんならく【金輪奈落】

金輪際こんりんざい 」に同じ。 「 -其様そのような義は御免蒙る/風流仏 露伴

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

金輪奈落の関連キーワード露伴