金鈴(読み)キンレイ

デジタル大辞泉の解説

きん‐れい【金鈴】

金製のすず。金色のすず。
橘(たちばな)の実のたとえ。
「―離離と房なり」〈宴曲集〉
[補説]書名別項。→金鈴

きんれい【金鈴】[書名]

九条武子歌集。大正9年(1920)発表。欧州にいる夫を思う哀切な歌が多い。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

きん‐れい【金鈴】

〘名〙
① 金のすず。金色のすず。金属製のすず。
※和漢朗詠(1018頃)上「枝には金を繋けたり春の雨の後、花は紫麝(しじゃ)を薫ず凱風の程〈具平親王〉」 〔梁元帝‐善覚寺碑〕
② (黄金の鈴に似ているとしたところから) 橘の実のたとえ。
宴曲・宴曲集(1296頃)一「夢の直路の雨の後、枝には露を帯びつつ、金鈴離離と房なり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android