コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

直路 ジキロ

6件 の用語解説(直路の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

じき‐ろ〔ヂキ‐〕【直路】

直道(じきどう)1」に同じ。

ただ‐じ〔‐ぢ〕【直路/道】

《古くは「ただち」》
目的の所へまっすぐ行く道。
「妹に逢はむと―から我は来つれど」〈・二六一八〉
物事の正しい筋道や、なりゆき。
「しかと―はしらねども」〈浄・花洛受法記〉

ちょく‐ろ【直路】

まっすぐな道。また、二点間の最短の道。
「西洋より東洋に航する所の―」〈村田文夫・西洋聞見録〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

すぐじ【直路】

まっすぐな道。また、まっすぐに行くこと。すぐみち。 「横山町を-に/安愚楽鍋 魯文

ちょくろ【直路】

まっすぐな道。直道。

ひたみち【直路】

( 名 )
まっすぐに続く道。すぐ道。 「しか号なづくるゆゑは、ゆききの道…相続ければ-のこころをとりて名となせり/常陸風土記」
まっすぐな線状のもの。ひとすじ。 「ただ-の煙とや見し/和泉式部集」
( 形動ナリ )
いちずなさま。ひたすら。 「よろづのあはれを思し捨てて、-に出でたち給ふ/源氏 賢木

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

直路の関連キーワード大太刀送り届ける出向く汝達へま道草ヘマムシ入道ヘマムショ入道黄泉の国へまっしぐら水野忠見

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

直路の関連情報