コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

直路 ジキロ

デジタル大辞泉の解説

じき‐ろ〔ヂキ‐〕【直路】

直道(じきどう)1」に同じ。

ただ‐じ〔‐ぢ〕【直路/道】

《古くは「ただち」》
目的の所へまっすぐ行く道。
「妹に逢はむと―から我は来つれど」〈・二六一八〉
物事の正しい筋道や、なりゆき。
「しかと―はしらねども」〈浄・花洛受法記〉

ちょく‐ろ【直路】

まっすぐな道。また、二点間の最短の道。
「西洋より東洋に航する所の―」〈村田文夫・西洋聞見録〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

すぐじ【直路】

まっすぐな道。また、まっすぐに行くこと。すぐみち。 「横山町を-に/安愚楽鍋 魯文

ちょくろ【直路】

まっすぐな道。直道。

ひたみち【直路】

( 名 )
まっすぐに続く道。すぐ道。 「しか号なづくるゆゑは、ゆききの道…相続ければ-のこころをとりて名となせり/常陸風土記」
まっすぐな線状のもの。ひとすじ。 「ただ-の煙とや見し/和泉式部集」
( 形動ナリ )
いちずなさま。ひたすら。 「よろづのあはれを思し捨てて、-に出でたち給ふ/源氏 賢木

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

直路の関連情報