直路(読み)ジキロ

デジタル大辞泉の解説

じき‐ろ〔ヂキ‐〕【直路】

直道(じきどう)1」に同じ。

ただ‐じ〔‐ぢ〕【直路/道】

《古くは「ただち」》
目的の所へまっすぐ行く道。
「妹に逢はむと―から我は来つれど」〈・二六一八〉
物事の正しい筋道や、なりゆき。
「しかと―はしらねども」〈浄・花洛受法記〉

ちょく‐ろ【直路】

まっすぐな道。また、二点間の最短の道。
「西洋より東洋に航する所の―」〈村田文夫・西洋聞見録〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

すぐじ【直路】

まっすぐな道。また、まっすぐに行くこと。すぐみち。 「横山町を-に/安愚楽鍋 魯文

ちょくろ【直路】

まっすぐな道。直道。

ひたみち【直路】

( 名 )
まっすぐに続く道。すぐ道。 「しか号なづくるゆゑは、ゆききの道…相続ければ-のこころをとりて名となせり/常陸風土記」
まっすぐな線状のもの。ひとすじ。 「ただ-の煙とや見し/和泉式部集」
( 形動ナリ )
いちずなさま。ひたすら。 「よろづのあはれを思し捨てて、-に出でたち給ふ/源氏 賢木

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

じき‐ろ ヂキ‥【直路】

〘名〙 =じきどう(直道)
※栂尾明恵上人伝記(1232‐50頃)下「仏道の直路(ぢきろ)すべて入門を知らず」

すぐ‐じ ‥ぢ【直路】

〘名〙 まっすぐなみち。また、まっすぐに歩くこと。ただじ。すぐみち。
※夫木(1310頃)三六「いかにせんすくちはゆかであしがらやよこはしりする人のこころを〈源仲正〉」

ただ‐ち【直路】

ちょく‐ろ【直路】

〘名〙 まっすぐなみち。また、ちかみち。直道。じきろ。
※謡・山姥(1430頃)「彌陀来迎の直路なれば」 〔書経疏‐益稷〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

タピオカドリンク

中国茶や紅茶などに球状のタピオカを入れた台湾発祥の飲料。「タピオカティー」とも呼ばれ、米国やアジア諸国で人気を集めている。日本では1990年代に台湾のチェーン店が進出して以来、若い女性を中心に幾度もブ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android