金革(読み)キンカク

デジタル大辞泉の解説

きん‐かく【金革】

刀剣と甲冑(かっちゅう)。武器。武具。
戦争。いくさ。

きん‐がわ〔‐がは〕【金革】

地色を金色にした革。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きんかく【金革】

〔「金」は刃や矛ほこなど金属製の武器、「革」は鎧よろいなど革製の防具〕 戦いに用いる武具・兵具。 「 -を衽しきねにして、あへてたゆまざるは士の志也/笈日記」
戦争。いくさ。

きんがわ【金革】

地色を金色に仕上げた革。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android