コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金革 キンカク

デジタル大辞泉の解説

きん‐かく【金革】

刀剣と甲冑(かっちゅう)。武器。武具。
戦争。いくさ。

きん‐がわ〔‐がは〕【金革】

地色を金色にした革。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

きんかく【金革】

〔「金」は刃や矛ほこなど金属製の武器、「革」は鎧よろいなど革製の防具〕 戦いに用いる武具・兵具。 「 -を衽しきねにして、あへてたゆまざるは士の志也/笈日記」
戦争。いくさ。

きんがわ【金革】

地色を金色に仕上げた革。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

金革の関連キーワード敷き寝・敷寝・蓐草莽諸隊笈日記金唐革地色甲冑刀剣武具防具兵具武器

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android