コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金鳳花科 きんぽうげか

大辞林 第三版の解説

きんぽうげか【金鳳花科】

双子葉植物離弁花類の一科。温帯・亜寒帯に分布。世界に約60属2500種ある。草本、まれに低木で葉は互生、時に対生。花は両性花で放射相称、花弁は三個以上でしばしば退化し、萼がく片は三個以上ありしばしば花弁状となる。雄しべ・雌しべは多数。果実は痩果そうかまたは袋果。キンポウゲ・フクジュソウ・アネモネ・オダマキ・テッセン・キンバイソウなど。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

金鳳花科の関連キーワード放射相称亜寒帯雌しべ雄しべ両性花温帯低木対生互生草本袋果

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android