コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

針千本 ハリセンボン

2件 の用語解説(針千本の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

はり‐せんぼん【針千本】

フグ目ハリセンボン科の海水魚。全長約35センチ。背側は褐色、腹側は白色。体表にうろこの変化した可動性の大きなとげを4、500本密生し、危険が迫ると体をふくらませてとげを立てる。温・熱帯海に広く分布し、日本では本州中部以南でみられる。はりふぐ。すずめふぐ。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

はりせんぼん【針千本】

フグ目の海魚。日本近海では全長約20センチメートル。体はほぼ卵形。体表に長くて強いとげが密生し、危険が迫ると腹を膨らませ、とげを直立していが栗のようになる。背面は灰色の地に褐色の斑紋が散在し、腹面は白色。肉は無毒で食用になる。世界中の暖海に分布。ハリフグ。バラフグ。スズメフグ。イガフグ。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

針千本の関連情報