コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

釣船草 ツリフネソウ

2件 の用語解説(釣船草の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

つりふね‐そう〔‐サウ〕【釣船草】

ツリフネソウ科の一年草。山野の水辺に生え、高さ約50センチ。全体に柔らかく、茎は紅紫色で節がふくらむ。秋、葉のわきから紅紫色の花が数個垂れ下がってつき、帆掛け船をつり下げたように見える。ツリフネソウ科にはキツリフネホウセンカなども含まれる。 秋》

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

つりふねそう【釣船草】

ツリフネソウ科の一年草。山中の水湿地に自生。茎は高さ約50センチメートル、多汁質で紅色を帯びる。葉は広披針形。秋、上方の葉腋から花柄を出し、紅紫色の花を数個つり下げる。花は左右対称で先の巻いた距きよがある。 [季] 秋。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone