コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

釣船草 ツリフネソウ

デジタル大辞泉の解説

つりふね‐そう〔‐サウ〕【釣船草】

ツリフネソウ科の一年草。山野の水辺に生え、高さ約50センチ。全体に柔らかく、茎は紅紫色で節がふくらむ。秋、葉のわきから紅紫色の花が数個垂れ下がってつき、帆掛け船をつり下げたように見える。ツリフネソウ科にはキツリフネホウセンカなども含まれる。 秋》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

つりふねそう【釣船草】

ツリフネソウ科の一年草。山中の水湿地に自生。茎は高さ約50センチメートル、多汁質で紅色を帯びる。葉は広披針形。秋、上方の葉腋から花柄を出し、紅紫色の花を数個つり下げる。花は左右対称で先の巻いた距きよがある。 [季] 秋。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

釣船草 (ツリフネソウ)

学名:Impatiens textori
植物。ツリフネソウ科の一年草,園芸植物,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

釣船草の関連キーワード山中花柄上方葉腋紅色自生

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android