釣船草(読み)つりふねそう

精選版 日本国語大辞典「釣船草」の解説

つりふね‐そう ‥サウ【釣船草】

〘名〙 ツリフネソウ科の一年草。各地の山麓や水辺に生える。高さ約五〇センチメートル。茎は多汁質で柔らかく、滑らかで紅色を帯び節はふくらむ。葉は互生し長柄をもち菱状卵形で先は尖り縁は歯牙状。、茎の頂に三~四本の花柄を出し、その先に数個の花をたれ下げる。花は紅紫色で、花弁の中で左右の二つは大きく、距(きょ)はふくれて後の方は長く突き出し、尖った先端が巻く。果実は披針形で長さ一~二センチメートル。熟すと激しくはじけ、種子をまき散らす。花の形が帆掛船をつり下げたように見えるのでこの名がある。漢名に野鳳仙花を当てるが誤用。《・秋》 〔日本植物名彙(1884)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「釣船草」の解説

つりふね‐そう〔‐サウ〕【釣船草】

ツリフネソウ科の一年草。山野の水辺に生え、高さ約50センチ。全体に柔らかく、茎は紅紫色で節がふくらむ。秋、葉のわきから紅紫色の花が数個垂れ下がってつき、帆掛け船をつり下げたように見える。ツリフネソウ科にはキツリフネホウセンカなども含まれる。 秋》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版「釣船草」の解説

釣船草 (ツリフネソウ)

学名Impatiens textori
植物。ツリフネソウ科の一年草,園芸植物,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android