コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鉄の肺 てつのはいiron lung

翻訳|iron lung

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鉄の肺
てつのはい
iron lung

20世紀半ばに用いられた人工呼吸器の一種。小児麻痺などの病気によって,呼吸筋が麻痺して呼吸できなくなった患者の身体を箱の中に入れ,頭だけ外に出して,箱内の空気に陽圧および陰圧をかけて胸部に他動的呼吸運動を起させる装置。ピストンと連結した鉄製の筒でできたタンク式のものだが,現在ではほとんど用いられていない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

てつ‐の‐はい【鉄の肺】

小児麻痺などで呼吸ができない場合に用いる人工呼吸器。鉄製の円筒形の気密室に首だけ出して入り、高圧と低圧とを交互に加えて呼吸を助ける。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

鉄の肺【てつのはい】

ポリオ重症筋無力症などで呼吸麻痺に陥った患者を収容する人工呼吸器械。1927年アメリカのフィリップ・ドリンガーによって発明された。鉄製円筒形の気密室で,患者は首だけ外に出してこの中に封じこまれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

てつのはい【鉄の肺】

密閉した耐圧容器内に患者を収容し、内圧を周期的に変化させて人工呼吸を行う器具の通称。多くは鉄製。小児麻痺などで、呼吸筋麻痺のある場合に用いる。ドリンガー呼吸器。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鉄の肺
てつのはい

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

鉄の肺の関連情報