コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鉄心道印 てっしん どういん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鉄心道印 てっしん-どういん

1593-1680 江戸時代前期の僧。
文禄(ぶんろく)2年生まれ。曹洞(そうとう)宗。三河(愛知県)全久院の天外梵舜(てんがい-ぼんしゅん)の法をつぐ。信濃(しなの)(長野県)の大昌寺,三河の竜渓寺,加賀(石川県)の天徳院などの住持。長崎で隠元隆琦(りゅうき)から教えをうけた。晩年には和泉(いずみ)(大阪府)に蔭凉寺をひらいた。延宝8年1月28日死去。88歳。伯耆(ほうき)(鳥取県)出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

鉄心道印の関連キーワード長谷川久蔵シャロン論介勅版徳川家綱難波鉦徳川家綱句合小笠原諸島二俣和紙