コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鉛ガラス ナマリガラス

6件 の用語解説(鉛ガラスの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

なまり‐ガラス【鉛ガラス】

酸化鉛を含有するガラスフリントガラスはこの一種。軟らかくてカットしやすく、屈折率が大。光学ガラスクリスタルガラスとして用いる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

鉛ガラス【なまりガラス】

酸化鉛(II)PbOを含有するガラス。比重が大きく,屈折率が高く,軟質で加工性がよく,電気絶縁性にもすぐれる。光学ガラスフリントガラス),装飾工芸用のクリスタルガラスとして用いられるほか,電球や電子管などの管球用ガラス,X線などの放射線遮断(しゃだん)ガラスなどにも利用。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

なまりガラス【鉛ガラス lead glass】

酸化鉛(II)PbO成分を含有するガラスをいう。主たる用途は,クリスタルガラス光学ガラスおよび電気用ガラスである。クリスタルガラスは,カットをほどこし高級食器,花器等に使用されるガラスで,多くの場合PbO成分を25~35%含有している。PbO成分はガラスの屈折率を高め,同時に分散,すなわち光の波長による屈折率の変化も大きくなるため,カットしたときに美しい外観をもつようになる。PbO‐K2O‐SiO2系の光学ガラスはフリント系(フリントガラス)と呼ばれる古典的組成のものの一つである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

なまりガラス【鉛ガラス】

鉛を含むガラス。二酸化ケイ素に酸化鉛を加えて作る。比重・屈折率が大きく、美しい光沢と輝きをもつ。クリスタル-ガラス・模造宝石のほか、高屈折率の光学ガラスや放射線遮蔽ガラスなどに用いる。フリント-ガラス。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鉛ガラス
なまりガラス

クリスタルガラス」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鉛ガラス
なまりがらす
lead glass

酸化鉛を含有するガラスをいう。フリントガラスはこれに属する(鉛ガラスの生産の当初、ケイ酸原料として燧石(ひうちいし)〈フリント〉を使ったことによる)。鉛ガラスは電気絶縁性、屈折率がともに高く、また高温における成形性、常温における研摩加工性ともに優れているので、電気絶縁用として管球の一部に、高屈折率用の光学ガラスとして、また工芸用、とくにカットを施すクリスタルガラスとして広く用いられている。しかし、優れた電気的・光学的特性にもかかわらず、鉛の毒性のために、ほかのガラスに徐々に置き換えられている。[境野照雄・伊藤節郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の鉛ガラスの言及

【ガラス工芸】より

…ガラス工芸用に使用されるガラスの種類は主としてソーダ・ガラス(ソーダ石灰ガラス),カリ・ガラス(カリ石灰ガラス),鉛ガラス(鉛アルカリ・ガラス)で,一部にホウケイ酸ガラスや特殊ガラスも使われる。ガラス工芸の対象とするジャンルは,実用目的をもつ容器や建築用材,室内装飾品のほか,実用機能をもたない芸術作品にいたるまで幅が広い。…

※「鉛ガラス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

鉛ガラスの関連キーワード鉛丹クリスタルガラス酸化鉛ソーダガラス過酸化鉛二酸化鉛フリントガラスカリガラスクロムイェロー酸化鉛(II)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鉛ガラスの関連情報