鉛ガラス(読み)なまりガラス

百科事典マイペディアの解説

鉛ガラス【なまりガラス】

酸化鉛(II)PbOを含有するガラス。比重が大きく,屈折率が高く,軟質で加工性がよく,電気絶縁性にもすぐれる。光学ガラス(フリントガラス),装飾工芸用のクリスタルガラスとして用いられるほか,電球や電子管などの管球用ガラス,X線などの放射線遮断(しゃだん)ガラスなどにも利用。→ガラス

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

なまりガラス【鉛ガラス lead glass】

酸化(II)PbO成分を含有するガラスをいう。主たる用途は,クリスタルガラス光学ガラスおよび電気用ガラスである。クリスタルガラスは,カットをほどこし高級食器,花器等に使用されるガラスで,多くの場合PbO成分を25~35%含有している。PbO成分はガラスの屈折率を高め,同時に分散,すなわち光の波長による屈折率の変化も大きくなるため,カットしたときに美しい外観をもつようになる。PbO‐K2O‐SiO2系の光学ガラスはフリント系(フリントガラス)と呼ばれる古典的組成のものの一つである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

なまりガラス【鉛ガラス】

鉛を含むガラス。二酸化ケイ素に酸化鉛を加えて作る。比重・屈折率が大きく、美しい光沢と輝きをもつ。クリスタル-ガラス・模造宝石のほか、高屈折率の光学ガラスや放射線遮蔽ガラスなどに用いる。フリント-ガラス。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鉛ガラス
なまりがらす
lead glass

酸化鉛を含有するガラスをいう。フリントガラスはこれに属する(鉛ガラスの生産の当初、ケイ酸原料として燧石(ひうちいし)〈フリント〉を使ったことによる)。鉛ガラスは電気絶縁性、屈折率がともに高く、また高温における成形性、常温における研摩加工性ともに優れているので、電気絶縁用として管球の一部に、高屈折率用の光学ガラスとして、また工芸用、とくにカットを施すクリスタルガラスとして広く用いられている。しかし、優れた電気的・光学的特性にもかかわらず、鉛の毒性のために、ほかのガラスに徐々に置き換えられている。[境野照雄・伊藤節郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の鉛ガラスの言及

【ガラス工芸】より

…ガラス工芸用に使用されるガラスの種類は主としてソーダ・ガラス(ソーダ石灰ガラス),カリ・ガラス(カリ石灰ガラス),鉛ガラス(鉛アルカリ・ガラス)で,一部にホウケイ酸ガラスや特殊ガラスも使われる。ガラス工芸の対象とするジャンルは,実用目的をもつ容器や建築用材,室内装飾品のほか,実用機能をもたない芸術作品にいたるまで幅が広い。…

※「鉛ガラス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鉛ガラスの関連情報