コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

銀河X線 ぎんがエックスせんgalactic X‐ray

世界大百科事典 第2版の解説

ぎんがエックスせん【銀河X線 galactic X‐ray】

1962年から63年にかけて天体から強いX線が放射されることが発見された。X線は空気の層に吸収されるので,これは初めはロケット,後には気球,さらに人工衛星によって観測されたものである。X線の源はわれわれの銀河系(天の川)のみならず銀河系の外,遠い外の銀河系,宇宙の果てに近いクエーサーなどにもあるが,観測されるX線のほとんどはわれわれの銀河系からくるものである。この銀河X線源は次のように分類されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

銀河X線の関連キーワードラムダ・ロケット

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android