コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

銀河X線 ぎんがエックスせんgalactic X‐ray

1件 の用語解説(銀河X線の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ぎんがエックスせん【銀河X線 galactic X‐ray】

1962年から63年にかけて天体から強いX線が放射されることが発見された。X線は空気の層に吸収されるので,これは初めはロケット,後には気球,さらに人工衛星によって観測されたものである。X線の源はわれわれの銀河系(天の川)のみならず銀河系の外,遠い外の銀河系,宇宙の果てに近いクエーサーなどにもあるが,観測されるX線のほとんどはわれわれの銀河系からくるものである。この銀河X線源は次のように分類されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

銀河X線の関連キーワードみかんぐみ角閃石黒雲母花崗岩藤村志保北島三郎チェコ文学天と地とアルシメド号ウェインコネリーブルック

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone