コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

銀河X線 ぎんがエックスせんgalactic X‐ray

世界大百科事典 第2版の解説

ぎんがエックスせん【銀河X線 galactic X‐ray】

1962年から63年にかけて天体から強いX線が放射されることが発見された。X線は空気の層に吸収されるので,これは初めはロケット,後には気球,さらに人工衛星によって観測されたものである。X線の源はわれわれの銀河系(天の川)のみならず銀河系の外,遠い外の銀河系,宇宙の果てに近いクエーサーなどにもあるが,観測されるX線のほとんどはわれわれの銀河系からくるものである。この銀河X線源は次のように分類されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

銀河X線の関連キーワードラムダ・ロケット

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

銀河X線の関連情報