コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

銅人 どうじんtóng rén

世界大百科事典 第2版の解説

どうじん【銅人 tóng rén】

中国医学において,表面に経穴と経脈の位置を示した製の人体模型で,北宋の1027年(天聖5。1026年ともいう)に王惟一によって2体作られた。その製作目的は経穴の標準の位置を示すためであるが,表面に黄蠟を塗って医者に鍼を刺させ,穴にあたれば水銀が流れ出るようになっていたというから,医者の試験にも用いたのであろう。銅人はその後,何回か修理され,大小いくつかのものも作られたが,東京国立博物館に所蔵されているものが,最初の銅人のうちの1体であるという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

銅人の関連キーワード見たようだエウロペ半井明親竹田昌慶

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

銅人の関連情報