コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

銅人 どうじん tóng rén

1件 の用語解説(銅人の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

どうじん【銅人 tóng rén】

中国医学において,表面に経穴と経脈の位置を示した銅製の人体模型で,北宋の1027年(天聖5。1026年ともいう)に王惟一によって2体作られた。その製作目的は経穴の標準の位置を示すためであるが,表面に黄蠟を塗って医者に鍼を刺させ,穴にあたれば水銀が流れ出るようになっていたというから,医者の試験にも用いたのであろう。銅人はその後,何回か修理され,大小いくつかのものも作られたが,東京国立博物館に所蔵されているものが,最初の銅人のうちの1体であるという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

銅人の関連キーワード経穴メルカトル図法目釘オイルドジャケット犯罪死一貫性の原則ギブスの法則コンドン‐ショートレイ‐ウィグナーの位相則岡西為人

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone