コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鍋破 ナベワリ

デジタル大辞泉の解説

なべ‐わり【鍋破】

ビャクブ科の多年草。湿った所に生え、高さ30~50センチ。4、5月ごろ、淡緑色の花が下向きに咲く。有毒で、なめると舌が割れるという「舐(な)め割り」による名。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

なべわり【鍋破】

ビャクブ科の多年草。暖地の林に生える。茎は高さ約40センチメートルで、上半に数個の卵状楕円形の葉を互生。春、葉腋から柄の長い淡緑色の花を下垂してつける。花被片四個のうち一個が特に大きい。有毒。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

鍋破 (ナベワリ)

植物。タデ科の多年草,園芸植物,薬用植物。イタドリの別称

鍋破 (ナベワリ)

植物。モチノキ科の常緑低木・小高木,園芸植物。イヌツゲの別称

鍋破 (ナベワリ)

植物。スイカズラ科の落葉低木,園芸植物。タニウツギの別称

鍋破 (ナベワリ・ナベワレ)

植物。ドクウツギ科の落葉低木,薬用植物。ドクウツギの別称

鍋破 (ナベワリ)

植物。トベラ科の常緑低木・小高木,園芸植物。トベラの別称

鍋破 (ナベワリ)

学名:Croomia heterosepala
植物。ビャクブ科の多年草

鍋破 (ナベワリ)

植物。トウダイグサ科の多年草,薬用植物。ノウルシの別称

鍋破 (ナベワリ)

植物。ヒルガオ科の多年草,薬用植物。ヒルガオの別称

鍋破 (ナベワリ)

植物。アカバナ科の多年草,園芸植物,薬用植物。マツヨイグサの別称

鍋破 (ナベワレ)

植物。ニシキギ科の落葉低木・小高木,園芸植物。マユミの別称

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

鍋破の関連キーワード葉腋上半

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android