コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鎌倉番役 かまくらばんやく

1件 の用語解説(鎌倉番役の意味・用語解説を検索)

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鎌倉番役
かまくらばんやく

鎌倉幕府(将軍の御所)の諸門の警固役。鎌倉大(おお)番役、あるいは侍所(さむらいどころ)に詰めて侍所別当(べっとう)・所司(しょし)の統轄下に勤番したので侍所大番、侍大番ともいう。幕府成立の当初より存在したと思われるが、史料上の初見は1223年(貞応2)で、制度として確立したのは、大番役が整備された承久(じょうきゅう)の乱後の1225年(嘉禄1)ごろである。大番役とは異なり、遠江(とおとうみ)以下東国15か国の御家人(ごけにん)のみが勤仕し、期間も短く1か月ないし2か月で交替した。なお鎌倉番役に類似したものに近習(きんじゅう)番、廂(ひさし)番などの将軍の御所内の宿衛にあたる御所内番役があるが、これは在鎌倉御家人が小侍所の統轄下に勤仕した。[小山靖憲]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の鎌倉番役の言及

【鎌倉大番役】より

…鎌倉時代の幕府諸門等警固のための番役。単に鎌倉番役ともいう。源頼朝の代から侍所の統轄の下に,関東番役または当番と称して御家人が交替で警固に当たる役はあったが,大番の名称が用いられるようになったのは1219年(承久1)藤原頼経下向後のことである。…

※「鎌倉番役」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone