コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カブラ

デジタル大辞泉の解説

かぶら【×鏑】

矢の先と鏃(やじり)との間につけて、射たときに鳴るように仕掛けた卵形の装置。角・木・竹の根などを用い、内部を空洞にして「目」とよぶ窓をあける。
鏑矢」の略。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かぶら【鏑】

鏑矢の先につけるもの。鹿しかの角や木で蕪かぶらの根のような形に作り、鏃やじりの後ろにつける。中をくり抜いて中空にし数個の穴を開けてあるので、射た時に風を切って音を立てる。
「鏑矢」の略。 「与一-をとつてつがひ、よつぴいてひやうどはなつ/平家 11

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

鏑の関連キーワード群馬県甘楽郡下仁田町群馬県甘楽郡甘楽町群馬県甘楽郡南牧村一ノ宮(群馬県)狩り矢・狩矢鳴り矢・鳴矢吉井[町]富岡[市]吉井〈町〉北原稲雄八つ目鏑能っ引く神室山地平井城流鏑馬南牧村素雁股八つ目和布蕪鳴る矢

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鏑の関連情報